裁判をする場合

交通事故で慰謝料が一般的に高額になるのは後遺障害認定されたケースになりますが、この場合に直接保険会社と交渉をしても希望の慰謝料を受け取ることはできないものです。保険会社は支払う慰謝料をできる限り低額に抑えたいため、交渉をしても満足できるような結果を得ることはできません。この場合即座に選択をしたほうがいのが弁護士に相談をするということです。

弁護士に依頼をすると代理人になって交通事故被害者に代わって示談交渉を行ってくれます。このときすぐに裁判を行うのではなく、まずは保険会社と交渉を行ってくれます。この際に保険会社が要求を呑むことがあります。そうなると速やかに慰謝料などを含む示談金を支払ってくれます。万が一交渉が決裂した場合には裁判に移行します。

裁判に移行をすると時間がかかるものですが、他の方法に比べて最も高額な慰謝料を獲得することができます。できる限り高額の慰謝料を得たい場合には弁護士に依頼をして裁判を起こすことをおすすめします。ただ弁護士の中には交通事故に精通していない者もいるため、交通事故の裁判を多く経験しているような弁護士を選んで相談をしなければなりません。交通事故に強い弁護士なら慰謝料の高額獲得も可能になります。

Comments have been closed/disabled for this content.