交通事故の慰謝料増額

交通事故に遭ったらその補償を金銭的な方法によって行います。そのためできる限り高額な慰謝料を含めた示談金を得られるようにしていかなければなりません。ただ交通事故に遭うと示談に関し手を含め、いろんなことがわからないので慰謝料等のアップを図る方法がよくわからないものです。ですから交通事故に遭ったときのために知識を得ておく必要があります。このサイトでは交通事故の慰謝料増額の方法についてお伝えしています。

慰謝料アップについては2つのパターンを知っておく必要があります。まずは裁判をしない方法ですが、後遺障害認定されていない場合など、慰謝料が非常に高額にならないようなときには裁判を起こさずに解決を図ることが多いものです。この場合自分で相手方の保険会社と交渉をすることもできます。慰謝料がもともと少額にとどまるような場合、保険会社ともめることも少ないものです。ですから被害者が保険会社と示談交渉をしてもいいでしょう。

裁判を起こすような交通事故では多くが後遺障害を抱えてしまうようなケースになります。この場合、裁判を念頭に置いて行動をしていくことになります。まず弁護士に相談をします。弁護士はいきなり裁判を行うのではなく、一旦相手方保険会社と交渉を行いどの程度妥協できるのかを確認します。そこで依頼者が納得しないのであれば、裁判を行うことになります。裁判では時間がかかってしまう点が難点ですが、その分受け取る慰謝料等は高額となり、納得できる結果を得ることができます。

Comments have been closed/disabled for this content.