裁判を避ける場合

交通事故の慰謝料を増額する場合、まず裁判を行わないケースでは最も費用をかけない方法です。交通事故紛争処理センターは全国にあり、そこでは弁護士が無料で示談の斡旋を行っています。ここでは月に1回程度弁護士に会って相手方の保険会社との交渉を行っていきます。この方法では無料で示談の斡旋を依頼できますが、デメリットとしては比較的時間がかかるという点、また交通事故紛争処理センターが少ないので、住んでいる地域から遠くにあるセンターまで毎回時間をかけて通わなければなりません。

弁護士に着手金や報酬を支払って代理人になってもらう方法も慰謝料をアップさせる方法として挙げられます。この場合、相手方の保険会社と弁護士が示談交渉を行ってくれるので、精神的なストレスを感じることがありません。また慰謝料が高額にならないケースでは話がスムーズに進行するので早期に慰謝料を得ることができます。弁護士に依頼した場合の費用を差し引いても受け取る慰謝料の額が多い場合にはこの方法を採用したほうがいいでしょう。法律事務所によっては相談料などの初期費用が発生しない場合もありますので慰謝料の増額の為にも早期に相談した方が良いでしょう。一般に相手方保険会社との示談交渉では不快に感じることが多く、疲労してしまうので、こういったことを避けたい場合は特におすすめします。

参考HP-交通事故慰謝料の無料相談〔アディーレ法律事務所〕

Comments have been closed/disabled for this content.